FC2ブログ
沖縄アダルトショップ店長ミユキのブログ
アダルトコンテンツを含みます。18歳未満の方は、ご遠慮下さいね。アダルトグッズ入荷情報・私の独り言・・などなど
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「バイブ講座」

20901_300_300.jpg


■バイブの特徴 適切なピストン運動が出来れば、女性をオーガズムに到達させることができます。バイブについている機能はより深い快感を得るために作られたものであり、男性では真似の出来ない動きがいくつもあります。
■グラインド機能スイッチを入れるとヘッド部が回転し、膣壁をかき回す動作。高級品はコントローラーで動きを制御しており、自由自在に回転方向が決まられたり、ICが内臓されているものは、勝手に動きが変化するので、意外性を与えられます。
■パール中央部にあるたくさんのパールがバイブの周りに帯状に埋め込められていてゆっくりと回転します。これにより入り口付近をじわじわと刺激与えられます。
■クリバイブフリッパーが細かく振動して、クリトリスを集中的に刺激します。逆に持ち替えて、アナル攻撃にも役立ちます。一枚~三枚舌・触手タイプなど、商品によって異なりますが、基本的に分散している方が快楽を得やすいといわれています。
■ヘッドモーター(部分モーター)スタンダードのバイブはスイングさせる手元の近くのモーターと、クリバイブを動かすモーターの2つの動力で稼動します。それに加えて3つ目のヘッド部にモーターを内臓させることにより、は膣奥部を刺激させ激しいバイブの存在感を感じることができます。現在主流となりつつある機構であるが、配線が複雑になるので故障もやや多い。
■伸縮バイブその名のとおり、竿の部分が数センチ伸縮を行うことにより、本物のような挿入感を味わうことができます。機構が複雑な為、故障しやすいのと大型化してしまうのが難点。。近頃良い商品ができているが、まだ一般的ではない。 バイブの使い方 挿入前にそのまま挿入するのではなく、衛生面・故障を配慮して、コンドームをつけるのが常識である。一般的にはあまり知られていないですが、必ずやるよう心がけましょう。また、ローションは多めに塗っておくように! 挿入直後各所の電動部分は弱めに設定しておきましょう。根元まで挿入したら、最初のうちは入れたままにしておく。バイブ各所の振動が自動的に、クリトリス・Gスポット・子宮口などという重要な性感帯を刺激します。その状態を保ったまま、空いているほうの手や口で愛撫することをお忘れなく! 中盤女性の反応を見ながら、ピストン運動を加えます。各所の電動部分もしだいに強めていき、彼女のGスポットを探します。Gスポットとは、男性の尿道にある、前立腺のなごりのものであり、尿道にくっついている所にあるので、膣から向かって体の前面側にあり、だいたい膣口から2~5cm程度奥に行った所にあります。 絶頂への導き各所の電動部分をFULLで稼動させます。但し、フリッパーは使い慣れていないと痛く感じることがありますので、反応を見ながら行ってください。絶頂に導く為には、すばやいピストンが重要になります。一深五浅のリズムで、一秒間に3~4回が目安になります。反応をみながらピストンスピードを早めていきましょう。 最後にどうしても、膣内はあまり感じなく、クリトリスだけ感じる女性がいます。これは、大半の女性にあてはまる事かもしれません。しかし、膣内に性感帯があるのは事実ですし、女性自身はその感覚を知らないだけなのです。膣内でのオーガズムはクリトリスで得られる絶頂感よりも、数段ディープで、長いオーガズムだそうです。日ごろからバイブを使って膣内のトレーニングを行い、性感開発に努力してあげましょう。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]


テーマ:女を逝かせるテクニック - ジャンル:アダルト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

momoirookinawa

Author:momoirookinawa
沖縄県初のオンラインアダルトショップを開業いたしました。


桃色おきなわPCサイト

このブログをリンクに追加する


最新の記事


カテゴリー


ブログ内検索


アダルトグッズアンケート

質問 貴方の好きなアダルトグッズ
オナホール
オナカップ
電動バイブ
張り型
電動ローター
アナルグッズ
ローション
装着品
コンドーム
SMグッズ
DVD&ビデオ

コメント



- ショッピングカート -


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


YouTube人気動画


RSSフィード


最近のコメント


最近のトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。